タクアス サービス利用規約

「タクアス サービス利用規約」(以下「本利用規約」といいます。)は、ユーザー(第1条第3号で定義します。)と株式会社オージス総研(以下「当社」といいます。)との間で、本Webサービス(第1条第2号で定義します。)へのご登録、本Webサービスを通じたユーザーへの本サービス(第1条第1号で定義します。)の提供及びその他の関連事項に関して締結される本サービスの利用契約(以下「本契約」といいます。)に適用されるものです。なお、本サービスを利用する者は、本Webサービスにおいてユーザーアカウント登録をした時点で、本利用規約に同意したものとみなされ、本契約が成立します。

また、本サービスの提供は、当社の実証実験の一環として提供されるものであり、本サービスは試行段階のサービスであることを前提として、ユーザーは本サービスを利用することに同意するものとします。

 

第1条(定義)

(1)「本サービス」とは、タクシーに同乗したいユーザーが本Webサービスを通じて旅行代理店へのタクシー手配の依頼ができるようにするサービスその他別途定めるサービス概要に記載する、当社がユーザーに提供するサービスの総称をいいます。

(2)「本Webサービス」とは、当社がユーザーに対して本サービスを提供するために必要な「タクアス」という名称のWebサービスをいいます。

(3)「ユーザー」とは、本Webサービスを利用して、当社の指定する方法に従って本利用規約の内容に同意して本契約を締結した者をいいます。なお、ユーザーは、日本在住の成年に限るものとします。

(4)「アカウント情報」とは、本サービスを利用するために必要となるID及びパスワード(外部事業者から発行されたものを含みます。)をいいます。

(5)「個人情報」とは、個人情報保護法に定める「個人情報」をいい、ユーザーが入力した氏名、郵便番号、住所、生年月日、性別、職業、電話番号、アカウント情報、プロフィール情報(ニックネーム、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報を含みます。)及び利用履歴などを含みます。

(6)「プライバシーポリシー」とは、当社が定めるプライバシーポリシー(名称の如何を問わないものとします)をいいます。

(7)「関連規則」とは、本契約に関するあらゆる通知、プライバシーポリシー及び本契約に関して当社が定めるその他の規則の総称をいいます。

(8)「本利用規約等」とは、本利用規約及び関連規則の総称をいいます。

(9)「外部サービス」とは、Line、Facebook、その他の事業者が提供している当社所定のサービスで、ユーザーの認証、決済等の機能を持ち、本サービスの実施に利用されるサービスをいいます。

(10)「外部事業者」とは、外部サービスの提供者をいいます。

(11)「送迎フレンド合意」とは、本Webサービスその他本サービスを通じて、知人・友人関係にあるユーザー間で、ユーザーの子どもの送迎等を相互に助け合う関係を合意することをいいます。

(12)「送迎フレンド」とは、送迎フレンド合意が成立したユーザー間の関係をいいます。

(13)「タクシーシェア」とは、本Webサービスその他本サービスを通じて、送迎フレンドである乗車リーダーと乗車メンバーが、タクシー手配に関する旅行代金を、各自の負担割合に応じて負担し、乗車リーダー及び/又は乗車メンバーが、同乗者とともに又は同乗者なしで、特定の予定時刻に、特定の予定地点まで送迎するタクシーに同乗することをいいます。

(14)「タクシーシェア契約」とは、本Webサービスその他本サービスを通じて、乗車リーダーと乗車メンバーの間で、タクシーシェアの合意をする契約をいいます。

(15) 「単独乗車」とは、タクシーシェアのうち、乗車リーダーのみ、乗車リーダーとその監護するこども、乗車メンバーのみ、又は乗車メンバーとその監護するこどもが、特定の予定時刻に、特定の予定地点まで送迎するタクシーに乗車することをいいます。

(16)「配車仮予約」とは、本Webサービスその他本サービスを通じて、乗車リーダーが、特定の予定時刻に、特定の予定地点へのタクシーの配車を仮に予約することをいいます。なお、配車仮予約の時点では、旅行代理店との間において、手配旅行契約は成立しないものとします。

(17)「手配旅行契約」とは、本Webサービスを通じて乗車リーダーと旅行代理店の間で締結される、タクシーシェア契約の内容を前提にしたタクシーの手配に関する手配旅行契約をいいます。

(18)「配車手配」とは、手配旅行契約に基づき、旅行代理店が、本Webサービスを通じて、乗車リーダーが設定した迎車予定時刻及び迎車予定地点に迎車し、経由地及び目的地まで送迎するタクシーの手配を行うことをいいます。

(19) 「運送契約」とは、旅行代理店とタクシー会社の間で締結する、手配旅行契約に基づく乗車リーダーの依頼を内容とする旅客運用サービスに関する契約をいいます。

(20)「配車決定」とは、本Webサービスその他本サービスを通じて、迎車地点への到着予定時刻が乗車リーダー及び乗車メンバーに告知されることをいいます。

(21)「乗車リーダー」とは、ユーザーの内、乗車メンバーに対してタクシーシェアの依頼を行い、タクシーシェア契約成立後、本Webサービスを通じて旅行代理店に対し、タクシーシェア契約に基づいて、配車手配の依頼を行う者をいいます。

(22)「乗車メンバー」とは、ユーザーの内、乗車リーダーにタクシーシェアの依頼を受け、乗車リーダーとタクシーシェア契約を締結した者をいいます。

(23)「同乗者」とは、乗車リーダー以外で、旅行手配契約に基づき手配されたタクシーに同乗する者をいい、乗車メンバー、乗車リーダーが監護するこども及び乗車メンバーが監護するこどもを含みます。

(24)「旅行代理店」とは、本Webサービスを通じて、乗車リーダーと手配旅行契約を締結し、当該手配旅行契約の内容に従って、配車手配を行う事業者をいいます。

(25)「タクシーシェアサービス利用料」とは、ユーザーが当社に対して支払う本サービスの内、タクシーシェアサービスの利用料金のことをいいます。

(26)「収納代行業者」とは、当社が指定する事業者であって、当社が本規約で定める料金の代理受領権限を付与した事業者のことをいいます。

(27)「旅行代金」とは、乗車リーダーが、手配旅行契約に基づき、旅行代理店に支払う旅行代金をいいます。

(28)「乗車メンバー負担旅行代金」とは、タクシーシェア契約に基づき、乗車メンバーが負担する旅行代金の金額をいいます。

(29)「乗車リーダー利用料」とは、旅行代金及びタクシーシェアサービス利用料の総額から、乗車メンバー負担旅行代金を減じた金額をいいます。

(30)「乗車メンバー利用料」とは、乗車メンバー負担旅行代金及びタクシーシェアサービス利用料の総額をいいます

(31)「タクシーシェア予想費用」とは、ユーザーが、タクシーシェアサービスを利用して、手配されたタクシーに出発地から目的地まで乗車した場合に、発生することが見込まれる費用をいい、具体的には乗車リーダーの場合には予想される乗車リーダー利用料、乗車メンバーの場合には予想される乗車メンバー利用料をいいます。

 

第2条(本利用規約の理解) 

本サービスを利用する方は、本利用規約をよくお読みいただき、ここに記載する条件を十分にご理解ください。関連規則は、本利用規約を補足しかつ本利用規約と不可分なものとし、本利用規約と同様の法的効力を有するものとします。ユーザーは、本サービスの利用を開始する前に、本利用規約等に同意していただく必要があります。ユーザーは、当社所定の情報を入力し、当社所定の手続を完了することにより、ご自身が本利用規約等を全てお読みになり、十分に理解し、かつその全ての内容に同意したものとみなされます。ユーザーは、本利用規約等の全部又は一部に同意しない場合、登録手続及び本サービスの利用を直ちに中止するものとします。 

2 ユーザーは、本利用規約等及び本Webサービス上に告知されるその他の文書をよくお読みいただき、十分にご理解ください。

 

第3条(ユーザーアカウント) 

当社は、当社が定める方法でユーザーが本Webサービスへの登録を完了し、本契約が締結されると、ユーザーに対してユーザーアカウントを付与します。ユーザーは、当社によりユーザーアカウントの利用を停止されるまで又は当社若しくはユーザーのいずれかが本契約を解除するまで、当該アカウントを利用する権利を有するものとします。アカウントを利用する権利は、ユーザー本人のみに属するものであり、いかなる方法(贈与、貸付、貸与又は売却による方法を含みますがこれらに限りません)であれ譲渡することはできません。ユーザーは、自身のアカウント情報を安全に保管する責任を負うものとし、ユーザー本人が行ったかユーザーに代わって第三者が行ったかを問わず、自身のアカウント情報を入力して行われた行為について、第23条第7項に定める場合を除き、全責任を負うものとします。 

2 ユーザーは、自身のユーザーアカウントが第三者によって違法に利用されたことを知った場合、直ちに当社に通知するものとします。事由の如何にかかわらず、第三者がユーザーのアカウント情報を利用した場合に生じる債務については、ユーザーが全て負担するものとし、当社は第23条第7項に定める場合を除き、責任を負わないものとします。ユーザーは、当該違法利用の結果として当社が被った全ての損害について、賠償することに同意します。

3 当社は、第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあります。

(1) 本利用規約等に違反するおそれがあると当社が判断した場合

(2) 当社に提供された情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(3) 過去に本サービスの利用を停止された者若しくは本契約を解除された者、又はその関係者であると当社が判断した場合

(4) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合

(5) 反社会的勢力(本利用規約第25条第1項第1号に定める者と同様の意味)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合

(6) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

4 ユーザーは、アカウント情報に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

 

 

第4条 (収納代行等)

 当社は、収納代行業者として、ストライプジャパン株式会社(以下、「Stripe」といいます。)を指定します。

2 当社が指定するタクシーシェアサービス利用料に関する費用の支払いは、Stripeが提供する支払処理サービスに基づき行われるものとし、当該支払処理サービスは、Stripe Connectアカウント契約(Stripe利用規約を含み、総称して、以下、「Stripeサービス契約」といいます。)に従うものとします。本利用規約への同意又は本サービスにおいてユーザーとしての取引の継続により、ユーザーはStripeサービス契約(随時Stripeにより修正されることがあり、その場合には修正されたものを含みます。)に拘束されることに同意するものとします。Stripeを通じた支払処理サービスを当社が本サービス内で可能にするための条件として、ユーザーは、当社に対してユーザーに関する正確かつ完全な情報を提供することに同意し、当社が当該情報及びStripeが提供する支払処理サービスのユーザーによる使用に関連する取引情報を共有することを認めるものとします。

3 当社は、旅行代理店に対して、Stripeサービス契約を通じて当社に支払われるタクシーシェアサービス利用料について、タクシーシェアサービス利用料以外の乗車リーダー利用料及び乗車メンバー利用料とともに代理受領する権限を付与するものとします。

 

第5条 (クーポン)

ユーザーは、当社が定める方法及び条件により、クーポンを取得することができます。

2 ユーザーは、取得したクーポンの利用条件に応じ、クーポンを利用することができるものとします。

3 ユーザーは、クーポンを利用条件に定められた用途以外に用いることができず、クーポンを、現金、財物その他の経済的利益と交換することはできません。また、当社は、理由のいかんを問わず、一切クーポンの払い戻しをいたしません。ただし、法令上必要な場合はこの限りではありません。この場合、クーポンの払い戻し方法は、法令に従って当社が定め、当社のウェブサイト等に表示するところに従うものとします。

4 ユーザーは、クーポンを当社が定めた日数の期間中にのみ利用することができます。有効期限を過ぎた未使用のクーポンは消滅し、その後利用することはできません。

5 理由のいかんを問わず、当社によりユーザーアカウントの利用が停止された場合又は当社若しくはユーザーのいずれかが本契約を解除した場合には、当該ユーザーが保有するクーポンは全て失効し、以後利用することはできないものとします。

6 ユーザーが本利用規約等に違反したと当社が判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく、当社はクーポンの一部又は全部を取り消すことができます。この場合、当社はユーザーに対し、当社にクーポンの取り消しについて、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負いません。 

7 乗車リーダーの立場でクーポンを利用した場合、乗車リーダー利用料について、クーポンの利用条件に従って、当社が負担するものとします。

8 乗車メンバーの立場でクーポンを利用した場合、乗車メンバーが所有するクーポンを乗車リーダーが乗車リーダーの指示に従って利用することで、乗車メンバー利用料について、クーポンの利用条件に従って、当社が負担するものとします。

9 クーポンは、乗車リーダーは配車仮予約申込み時点で、乗車メンバーはタクシーシェア契約締結の時点で、利用できるものとし、これより後の利用はいかなる場合でも一切できません。

10 クーポンは、一度のタクシーシェア契約の締結につき、各ユーザーが1枚のみ利用できるものとします。

11 クーポンを利用したタクシーシェア契約、手配旅行契約又は運送契約について契約内容を変更したことにより、利用条件を満たさなくなった場合や有効期限が過ぎている場合、クーポンの利用は無効になります。

12 クーポンを利用したタクシーシェア契約、手配旅行契約又は運送契約を解約した場合、当該クーポンの利用は無効になります。なお、当該解約によるキャンセル料に、クーポンを利用することはできないものとします。

13 本利用規約等で明示的に認められている場合を除き、ユーザーはクーポンの第三者への譲渡、貸与又は質権の設定はできないものとし、ユーザー自身のためにのみクーポンを利用できるものとします。

 

第6条(タクシーシェア契約の成立等)

乗車リーダーは、当社が本Webサービス又はその他の手段で指定する方法に従って、他のユーザーにタクシーシェアの乗車メンバーとなる旨の依頼をすることができ、本Webサービスその他本サービスを通じて、原則として、乗車メンバーとなるユーザーが、タクシーシェアに関する内容について合意した時点でタクシーシェア契約は成立するものとします。但し、乗車リーダーのタクシーシェア予想費用が上昇するなど、乗車リーダーの依頼時点からタクシーシェア契約の内容が乗車リーダーに不利な内容に変更されている場合は、当社が本Webサービス又はその他の手段で指定する方法に従って、乗車リーダーが当該タクシーシェア契約の内容に合意した時点で、タクシーシェア契約は成立するものとします。

2 当社は、タクシーシェア契約の依頼の前提として、乗車リーダー及び乗車メンバーにタクシーシェア予想費用及び当該ユーザーが同意した範囲でのタクシーシェアの相手方となるユーザーの情報提供をするものとし、タクシーシェア契約に関する当社の関与はかかる情報提供及びタクシーシェア契約の成立に関するユーザー間のやり取りを補助するサービスの提供に限られるものとします。

 

第6条の2(単独乗車の場合の特則)

乗車リーダーは、タクシーシェアの出発地を目的地とする場合、又はタクシーシェアの目的地を出発地とする場合にかぎり、単独乗車を目的として、前条第1項本文に定めるとおり、他のユーザーにタクシーシェアの乗車メンバーとなる旨の依頼をすることができます。

 

第7条(タクシーシェアに関する責任)

ユーザーは、タクシーシェア契約の内容の詳細及び条件について、本サービスにおいて第6条第2項記載の事項以外で当社が関与せず、タクシーシェア契約の内容の詳細及び条件については、ユーザー間で事前に十分に話し合い、双方の自己責任において、双方の合意の上で実施されることに同意するものとします。

2 ユーザーは、タクシーシェア契約の内容及び条件についてはユーザー同士でタクシーシェア契約が成立した場合のみ実施されるものとし、当社はその内容及び実施につき、第23条第7項に定める場合を除き、一切の保証及び責任を負わないことに同意するものとします。特に、乳幼児、病児、病後児のこども又は障がいを持つこどもの送迎を含むタクシーシェア契約については、乗車リーダー及び乗車メンバー間で、当該こどもの状態や日常の様子などを十分に知り、いかなる状況においても双方の合意に基づいて適切に対応できるほどの近親者でない限り、当社では推奨していません。

 

第8条(タクシーシェア契約の解除)

ユーザーは、タクシーシェア契約の成立後は、タクシーシェア契約を解除することができないものとします。ただし、乗車リーダー、乗車メンバー又は同乗者がタクシーに乗車する前であって、当社が定める方法により解除するときは、この限りでありません。

2 ユーザーは、前項ただし書に基づき、タクシーシェア契約を解除する場合、当社が定める方法により、その旨を当社に対し通知するものとします。

3 第1項ただし書に基づき、タクシーシェア契約が解除された場合、当社は、ユーザーに対し、当社の「キャンセルポリシー」に定めるキャンセル料を請求できるものとし、ユーザーは当該請求を受けた場合、キャンセル料を支払わなければならないものとします。

4 第1項ただし書に基づき、タクシーシェア契約が解除された場合、キャンセル料以外の、乗車リーダー利用料及び乗車メンバー利用料は、いずれも発生しないものとします。

5 「キャンセルポリシー」で定める事項以外のタクシーシェアに関するユーザー間の紛争若しくはトラブルは当事者間で解決するものとし、当社は、これについて、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負いません。

 

第9条 (タクシーシェアサービスにおけるユーザーが負う義務)

ユーザーは、タクシーシェア契約締結前に、当社が定める方法により、当社に対し、以下の情報を通知するものとし、その正確性につき保証するものとします。

(1) ユーザーが希望するタクシーの出発地、経由地及び目的地

(2) 同乗者の有無及びその人数

(3) その他チャイルドシートの要否等タクシーシェアに関する要望事項

2 ユーザーは、当社に対し、タクシーシェア契約締結後、タクシーシェア契約の当事者である他のユーザー及び同乗者と合流し、迎車予定時刻において、迎車予定地点でタクシーに同乗することを保証するものとします。但し、単独乗車の場合、及びタクシーシェア契約の内容に、当該ユーザー自身がタクシーに同乗することを含まない場合は、この限りではありません。

3 ユーザーは、タクシーシェア契約に基づき、以下の行為を行う義務を当社に対して負うものとします。

(1) 当社が定める方法により、当社に対し、タクシーシェアサービス利用料を支払うこと

(2) タクシーに乗車するユーザーは、タクシーのドライバーに対し、自らの氏名を告げたうえで、タクシードライバーからの目的地及びルートの確認に応じること

4 ユーザーは、タクシーシェア契約に基づき、他のユーザーの子どもの引き受け又は引き渡しをした時点で、直ちに、当社が定める方法により、当社に対し、他のユーザーの子どもの引き受け又は引き渡しをした旨を通知する義務を当社に対して負うものとします。

5 乗車リーダー及び乗車メンバーは、タクシーシェア契約に基づき、乗車リーダーと旅行代理店の間で旅行手配契約が締結された時点で、以下の行為を行う義務を当社に対して負うものとします。

(1)乗車リーダーは、当社が定める方法により、旅行代金の一部として、旅行代金から乗車メンバー負担旅行代金を差し引いた金額を旅行代理店に支払うこと

(2)乗車メンバーは、当社が定める方法により、乗車リーダーが負担する旅行代金の一部の第三者弁済として、乗車メンバー負担旅行代金を旅行代理店に支払うこと

(3)乗車リーダーは、前号の乗車メンバーの第三者弁済について同意すること

(4)乗車リーダー及び乗車メンバーは、本項第1号及び同第2号の支払い及び第三者弁済が行われた時点で、タクシーシェア契約に基づく乗車リーダーの乗車メンバーに対する乗車メンバー負担旅行代金の金額相当分の支払い請求権及び本項第2号の第三者弁済に基づく乗車メンバーの乗車リーダーに対する求償権をそれぞれ放棄すること6 乗車リーダー利用料及び乗車メンバー利用料の内、タクシーシェアサービス利用料の金額は、当社が提供したタクシーシェア予想費用の範囲内での金額とし、詳細は本Webサービス上で閲覧できる請求書に記載されるものとします。

7 ユーザーは、タクシーシェア契約締結後に、第1項第2号における同乗者の有無及びその人数を変更する場合、タクシーシェア契約を締結した他のユーザーの同意を得なければ、同乗者の有無及びその人数を変更することができません。なお、他のユーザーの同意を得た場合でも、配車手配のタクシーの乗車可能人数を超える同乗者数に変更することはできません。

 

第10条 (タクシーシェアサービスにおける支払い等)

 ユーザーは、タクシーシェアサービス利用料について、当社が定める支払い期日及び方法で当社に支払うものとします。 

2 ユーザーは、前項所定のタクシーシェアサービス利用料の支払いを滞らせた場合には、支払期日の翌日より完済日までの期間に対して年14.6%の割合の延滞金を加算して当社に支払うものとします。

3 ユーザーが支払ったタクシーシェアサービス利用料は、タクシーシェア契約の当事者である他のユーザー及び当社が承諾をした場合を除き、返金されないものとします。

 

第11条(配車仮予約及び配車手配等) 

 乗車リーダーは、当社が本Webサービス又はその他の手段で指定する方法に従って、本Webサービスその他本サービスを通じて、乗車メンバーの指定する場所及び日時に、配車仮予約を行うものとし、当社は当社管理のシステムを通じて、タクシー会社に配車仮予約の内容を伝えるものとします。なお、当社が本Webサービス若しくはその他の手段で指定する期日までにタクシーシェア契約が成立しない場合又はタクシーシェア契約が解除された場合は、配車仮予約は自動的に取り消されるものとします。

2 乗車リーダーは、タクシーシェア契約が、当社が本Webサービス又はその他の手段で指定する期日までに成立した時点で、本Webサービスを通じて、タクシーシェア契約の内容に従ってタクシーを手配する旨の依頼を旅行代理店に対して行い、旅行代理店から本Webサービスその他外部サービスを通じて、乗車リーダーに対し、配車手配の完了の通知が行われた時点で、旅行代理店と乗車リーダー間で手配旅行契約が成立するものとします。なお、手配旅行契約の契約条件については、別途旅行代理店が提示する標準旅行業約款、配車手配規約及び手配旅行取引条件説明書面の内容が適用されるものとします。

3 前項にかかわらず、乗車メンバーは、タクシーシェア契約が、当社が本Webサービス又はその他の手段で指定する期日までに第6条第1項本文に従って乗車メンバーが合意した時点で成立した場合、本Webサービスを通じて、タクシーシェア契約の内容に従ってタクシーを手配する旨の依頼を、乗車リーダーを代理して旅行代理店に対して行うものとし、乗車リーダーは、乗車メンバーによるかかる乗車リーダーを代理しての手配旅行契約の申し込みの権限の授与に同意するものとします。なお、手配旅行契約の成立条件及び契約条件については、前項が準用されるものとします。

4 当社は、旅行代理店とタクシー会社の間で、運送契約が成立した時点で、乗車リーダー及び乗車メンバーに対し、本Webサービスその他外部サービスを通じて、配車決定を行うものとします。

5 ユーザーは、当社が、旅行代理店による配車手配及びタクシー会社による乗車リーダー、乗車メンバー及び同乗者に対する旅客運送サービスの提供に関し、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負わないことに同意するものとします。また、ユーザーは、旅行代理店が、旅行手配契約に基づき自己の責任において配車手配を行い、タクシー会社が、運送契約に基づき自己の責任において旅客運送サービスを提供しており、当社は、本利用規約等に明示された場合を除き、かかる旅行代理店の配車手配及びかかるタクシー会社の旅客運送サービスの提供に何らの関与もしないことを確認するものとします。

6 ユーザーは、当社が、ユーザーとタクシー会社又はドライバーとの間で生じた問題(ユーザーがタクシーの車内で所持品を紛失した場合、又はドライバーが移動所要時間の計算を誤った場合を含みますが、これらに限りません。)について、当社に対して事前の通知があったか否かを問わず、第23条第7項に定める場合を除き、何ら責任を負わないことに同意します。本項に該当する全ての紛争は、ユーザーとタクシー会社又はドライバーとの間で解決するものとします。 

 

第12条(配車決定後の運送契約の変更) 

ユーザーは、本Webサービスその他本サービスを通じて配車決定を行った後に、運送契約の内容の変更を希望する場合、以下の各号の条件を満たすことを条件に、当該運送契約を変更することができる権限を旅行代理店から授与されるものとします。但し、変更に基づいて実際に配車手配がなされるかどうかは、当該依頼変更時点の状況によるものであり、これに基づく配車がなされなかったことによりユーザーが損害を被った場合でも、当社は、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負いません。また、運送契約の解約依頼を行った時点において既に配車決定が行われている場合には、ユーザーは、手配旅行契約に基づいてキャンセル料等を旅行代理店に支払うものとします。

(1)手配旅行契約に基づきタクシーが配車されるまでの変更:旅行代理店が指定する方法でタクシー会社とユーザー間で変更内容について合意をすること。

(2)手配旅行契約に基づきタクシーが配車された後の変更:旅行代理店が指定する方法で当該タクシーのドライバーとユーザー間で変更内容について合意すること。

2 前項に基づき、運送契約の変更を実施した場合には、ユーザーは速やかに、旅行代理店の指定する方法で当社に当該変更の内容について報告するものとします。

3 第1項に基づき、運送契約の内容の内、経由地、目的地その他移動経路に関する変更を実施した場合には、その変更内容に応じて、乗車リーダーは旅行代金を、乗車メンバーは乗車メンバー負担旅行代金を追加で負担することに、ユーザーは同意するものとします。

4 乗車リーダー及び乗車メンバーは、乗車メンバーによる運送契約の解約により、乗車リーダーが旅行代理店に対してキャンセル料の支払義務を負う場合、以下の行為を行う義務を当社に対して負うものとします。

(1)乗車メンバーは、当社が定める方法により、乗車リーダーが負担するキャンセル料相当額を、第三者弁済として旅行代理店に支払うこと

(2)乗車リーダーは、前号の乗車メンバーの第三者弁済について同意すること

(3)乗車メンバーは、本項第1号の第三者弁済が行われた時点で、前号の第三者弁済に基づく乗車メンバーの乗車リーダーに対する求償権を放棄すること

 

第13条(乗車時の確認方法) 

乗車リーダー及び乗車メンバーは、手配旅行契約に基づき旅行代理店が手配したタクシー乗車時において、当社が指定する方法により、当該タクシー会社により乗車リーダー、乗車メンバー及び同乗者の本人確認が行われることにつき同意するものとします。また、乗車リーダー及び乗車メンバーは、各タクシー会社のドライバーにおいてかかる本人確認ができなかった場合、乗車できない場合があることに同意するものとします。

 

第14条(再委託)

当社は、本サービスの全部又は一部の提供について、第三者に再委託することができるものとします。

 

第15条(禁止事項)

 ユーザーは、本サービスの利用にあたって、以下の各号に定める禁止事項を行わないものとします。 

(1)本利用規約等の定めに反する行為

(2)本サービスの違法な目的のための利用 

(3)タクシーシェア契約の解除後に、当該タクシーシェア契約の当事者であった他のユーザー及びその同乗者と、タクシーシェア契約の内容と同一又は類似した内容でタクシーに乗車すること又はその申し出をすること

(4)タクシーシェア契約を締結する意思又はタクシーシェアをする意思がないにもかかわらず、他のユーザーに対して、タクシーシェアを希望する旨の表示をすること

(5)当社の商業的利益を害するような態様での本サービスの利用 

(6)本サービスの通常運営に悪影響を及ぼすような態様又は目的での、本サービスの利用 

(7)虚偽の情報、第三者に対して迷惑をかけ若しくは中傷的、侮辱的、脅迫的と評価され得る情報、卑猥な若しくはわいせつなデータ、その他の違法な情報若しくはデータを当社に届け出る又はアップロードし、表示し又は広める目的での本サービスの利用

(8)違法な薬物、銃器、毒物若しくは爆発物等の禁制品の製造、販売若しくは入手に係る情報を送信又は表示

(9)賭博、業務妨害等の犯罪の手段としての利用その他犯罪を助長し、又は誘発するおそれのある情報の送信又は表示

(10)わいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待に相当する画像、映像、音声若しくは文書等を送信又は表示、又はこれらを収録した媒体の販売、又はその送信、表示、販売を想起させる広告の表示又は送信

(11) ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為

(12) 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘する行為をしないこと

(13) インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律に基づく、当該事業の提供者に対する規制及び当該事業を利用した不正勧誘行為の禁止に違反する行為

(14) 本利用規約等で別途定める場合を除き、アクセス可能な当社又は他者の情報を改ざん、消去する行為

(15) 当社又は他者になりすます行為(詐称するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含みます。)

(16) 選挙の事前運動、選挙運動(これらに類似する行為を含みます。)及び公職選挙法に抵触する行為

(17) 他者に対し、無断で、広告・宣伝・勧誘等のメッセージ又は嫌悪感を抱くメッセージ(そのおそれのあるメッセージを含みます。)を送信する行為、他者のメッセージ受信を妨害する行為、連鎖的なメッセージ転送を依頼する行為及び当該依頼に応じて転送する行為

(18) 本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段(いわゆるフィッシング及びこれに類する手段を含みます。)により他者の個人情報を取得する行為

(19)その他法令、行政規則等の定めに反する行為

(20)特許権、著作権、商標権等の知的財産権、その他の第三者の正当な権利及び利益を侵害する行為 

(21)虚偽の内容を含む配車依頼

(22)本サービス又は本Webサービスについて第三者にライセンス又は二次ライセンスを付与し、本サービス又は本Webサービスを第三者に売却し、転売し、移転し、譲渡し、頒布し、若しくはその他の方法により商業的に利用し又は何らかの形での第三者への提供

(23)本サービス若しくは本Webサービスを変更し、又はこれらに基づく二次創作物の作成 

(24)当社の事前の書面による承諾を得ることなく本サービス又は当社ウェブサイトへのインターネット上の「リンク」を作成し、又はその他のサーバー、ワイヤレスデバイス若しくはインターネットを利用するデバイス上で本Webサービスを「フレーミング」又は「ミラーリング」 

(25)本サービス若しくは本Webサービスと競合若しくは類似する製品若しくはサービスを設計若しくは製造し、又は本サービス若しくは本Webサービスのアイディア、仕様、機能若しくはグラフィックスを模倣するために、アプリケーションのリバースエンジニアリング(逆行分析)を行い又はアプリケーションへのアクセス 

(26)1 秒ごとに複数のサーバーリクエストを行える自動プログラム、自動スクリプト若しくはその他のプログラム、又は本サービス若しくは本Webサービスの運営、遂行若しくは動作に不当に負担をかけ若しくは妨害する自動プログラム、自動スクリプト若しくはその他のプログラムの実行 

(27)スパム又はその他の適用法に違反する形でメッセージの繰り返し送付、又は未承諾のメッセージの送付

(28)子供に有害なデータ、第三者のプライバシーの権利を侵害するデータ、若しくはわいせつ、脅迫的、中傷的と評価され得るデータ、又はその他不法なデータ若しくは第三者の権利を侵害するデータの送付又は保管

(29)ソフトウェア・ウイルス、ワーム、トロイの木馬、又はその他の有害なコンピューター・コード、ファイル、スクリプト、エージェント又はプログラムを含むデータの送付又は保管 

(30)本ウェブサイト、本サービス又はこれらに含まれるデータのインテグリティ(完全性)、動作又は遂行への干渉又は妨害 

(31)当社のウェブサイト、アプリケーション、サービス又は関連するシステム若しくはネットワークへの無許可でのアクセスの試行

(32) その他、当社が不適切と判断する⾏為

 

第16条(本サービスの停止等) 

当社は、以下の事由が生じた場合、ユーザーに対する本サービスの全部又は一部の提供をいつでも停止させることができるものとします。なお、当社は、本条に基づき当社が行った措置によってユーザーに損害が発生した場合であっても、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負いません。 

(1)本Webサービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合 

(2)コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合 

(3)火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合 

(4)その他、当社が停止適切であると判断した場合 

2 当社は、本サービスの全部又は一部の提供をいつでも廃止することができるものとします。当社は本サービスの全部又は一部の提供を廃止することが決定した場合、遅滞なくユーザーに当該決定について通知することに努めるものとします。

3 前項の規定により当社による本サービスの全部の提供が廃止された場合、本契約は終了するものとします。但し、前項の規定により、本サービスのうち一部のサービスを廃止した場合には、当該一部のサービスを除き、本契約は有効に存続するものとします。 

4 当社は、法令に従っていつでも、本サービスの変更を実施することができるものとします。なお、当該本サービスの変更が、ユーザーに著しい不利益を与える場合は、事前にユーザーに通知することに努めるものとします。

5 ユーザーが以下に掲げる事由に該当する場合、いかなる理由においても、本サービスを利用することはできません。加えて、この場合、当社は、当該ユーザーによる本サービスのユーザーアカウントの利用を停止(当該ユーザーが関与するタクシーシェア及び配車依頼の解消、当該ユーザーの投稿コンテンツの削除を含みます)又は本契約を解除することができるものとします。なお、当社は、本条に基づき当社が行った措置によってユーザーに損害が発生した場合であっても、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負わず、また各事由に関連して当社が被った損害について、ユーザーは当社に賠償するものとします。 

(1)本利用規約等のいずれかの条項に違反した場合 

(2)支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合 

(3)自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けたとき 

(4)差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合 

(5)租税公課の滞納処分を受けた場合 

(6)死亡した場合

(7)アカウント情報に虚偽の事実があることが判明した場合

(8)その他、当社がユーザーとしての本サービスの利用を適当でないと判断した場合 

 

第17条 (ユーザーによる本契約の解除)

1. ユーザーは、当社が定める方法で、当社に本契約の解除を申し出、当社が認めた場合には本契約を解除することができます。ただし、本利用規約等で定める料金の支払いが未了のユーザーは本契約を解除することができず、本契約の解除を希望する場合、これらの問題を解消させた後、当社に本契約の解除の申し出をしなければなりません。

2. ユーザーは、本契約の解除をした場合、当該解除後に、本サービスを利用できなくなり、本利用規約等で定める料金の減額又は返金がされないことを承諾するものとします。

3. 当社は、本条の措置によりユーザーに生じる損害について、第23条第7項で定める場合を除き、一切の責任を負わないものとします。

 

第18条(移動情報の提供) 

ユーザーは、乗車リーダー又は乗車メンバーとして本Webサービスを利用するにあたって、真実かつ正確な移動情報(ユーザーが保有する携帯電話のGPS情報)を、タクシーシェア契約に基づくタクシーの乗車の際に、提供することに努めるものとします。なお、携帯電話等の設定でユーザーが位置情報の送信を許可していない場合は、位置情報は送信されませんが、この場合、本サービスの一部又は全部が利用できない場合があります。

 

第19条(個人情報等) 

当社が本サービスの提供に伴って取得したユーザーの個人情報については、当社が別途定めるプライバシーポリシーに従って取扱うものとし、ユーザーは、本サービスの利用に当たって当社のプライバシーポリシーに同意するものとします。

2 ユーザーは、本サービスの利用の過程で得た他のユーザーに関する個人情報(他のユーザーが監護するこどもに関する個人情報を含みます)について、当該ユーザーが同意している場合を除き、本サービスの利用に必要な範囲を超えて、当該個人情報を利用しないものとします。

3 ユーザーは、他のユーザー又は第三者に関する個人情報について、本サービスの利用の過程で当社に提供する場合、本サービスの利用のために必要な範囲で当社が当該個人情報にアクセス又は利用するために法令上必要な同意を取得することを保証するものとします。

 

第20条(設備の負担等) 

当社が本サービスを提供するに当たり、ユーザーは、その設備負担等について、以下の事項を確認するものとします。 

(1)本サービスの提供を受けるために必要な対応端末、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、ユーザーの費用と責任において行うものとします。 

(2)ユーザーは自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。 

(3)ユーザーは、本サービスの利用開始に際し又は本サービスの利用中に、本Webサービスをユーザーの対応端末で利用場合には、機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、当社はユーザーに発生したかかる損害について、第23条第7項に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。 

(4)当社は、ユーザーが送受信したメッセージその他の情報を運営上一定期間保存していた場合であっても、かかる情報を保存する義務を負うものではなく、当社は、いつでもこれらの情報を削除できるものとします。なお、当社はかかる情報の削除に基づきユーザーに生じた損害について、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負いません。 

 

第21条(権利帰属) 

ユーザーは、本サービスに関する権利帰属につき、以下の事項を確認します。 

(1)本Webサービス及び本サービスに関する知的財産権その他の権利は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本利用規約に定める本Webサービスの利用許諾及び本サービスの提供は、本利用規約において明示されているものを除き、本Webサービス又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。 

(2)本Webサービス又は本サービスにおいて、ユーザーの投稿コンテンツについては、当社において、本サービスの提供に必要な範囲内で、無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。 

2 本Webサービスの全ての知的財産権(著作権、商標権、特許権及び企業秘密、並びにテキスト表現及びその組み合わせ、アイコン、図案、チャート、色、インターフェースのデザイン、レイアウトのフレームワーク、関連データ、印刷物又は電子文書その他の全ての関連情報を含みますがこれらに限りません)は日本の法令、関連する国際条約及びその他の知的財産権法令により保護されるものとし、当社は当該知的財産権を保有し又は利用する権利を取得しております。 

3 ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なくして、上記の知的財産権を営利又は非営利目的で行使し、利用し又は譲渡してはならず、また第三者をして当該知的財産権を行使させ、利用させ又は譲渡させてはいけません。ユーザーが当社の書面による事前の承諾なくこのような行為を行った場合、当社は当該ユーザーに対し、損害賠償請求その他の措置を講じることができます。 

 

第22条(許可及びライセンス) 

当社は、本利用規約に同意し、これを遵守することを条件に、ユーザーに対し、その所有又は管理するデバイス等を通じて本Webサービスを個人利用目的で利用するための限定的かつ譲渡不能なライセンスを付与いたします。 

2 本契約に違反し又は当社のウェブサイト、及び/又はこれらに含まれる本サービス若しくは本Webサービスを害するコンテンツを当社が発見した場合、当社は、さらなる通知なしに、いつでも当該コンテンツを削除し、又は当該コンテンツへのアクセスを禁止する権利を留保します。 

 

第23条(免責) 

ユーザーは、自身による本サービスの利用に関連する全てのリスク及び当該利用により生じる全ての結果についての責任を負い、また当社がユーザーに対して上記に関する責任を負わないことに、明示的に同意します。 

2 当社は、本サービスの提供に関し、適時性、安全性又は正確性に関する保証を含むいかなる保証もせず、本Webサービス及び本サービスの利用又は不利用から生じる直接的、間接的、付属的、特別又は派生的な損害及びリスクについて、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負いかねます。 

3 当社は、ユーザーが本Webサービスを利用する際の通信の中断、当社がユーザーから本Webサービスを通じて受領したユーザーの位置情報の内容に不備(位置情報が表示されないこと、位置情報に誤差があることを含みます。)があったことその他の事情により、ユーザーがタクシーシェアサービスを利用できないことによるユーザーの損害について、第23条第7項に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。 

4 当社は、当社による本サービスの提供の停止、廃止、利用不能又は変更、本Webサービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連してユーザーが被った損害につき、第23条第7項に定める場合を除き、賠償する責任を一切負わないものとします。 

5 本Webサービス又は本サービスに関連してユーザーと他のユーザー、タクシー会社その他の第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、ユーザーの責任において処理及び解決するものとし、当社はかかる事項について、第23条第7項に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。

6  本Webサービスは、外部サービスと連携することがありますが、かかる連携を保証するものではなく、本Webサービスにおいて外部サービスと連携できなかった場合でも、当社は、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負いません。本Webサービスが外部サービスと連携している場合において、ユーザーは外部利用規約を自己の費用と責任で遵守するものとし、ユーザーと当該外部サービスを運営する外部事業者との間で紛争等が生じた場合でも、当社は当該紛争等について、第23条第7項に定める場合を除き、一切の責任を負いません。

7 本契約のその他の記載にかかわらず、当社は、ユーザーが被った損害が当社の過失に起因するものであるときに、ユーザーが直接的に被った実際の損害に限り実際の損害額を超えない範囲で、損害賠償の責任を負うものとします。なお、ユーザーが被った損害が当社の故意又は重過失に起因するものであるときは、当社は法律で許容される範囲でのみ免責され、ユーザーが被った損害について、損害賠償の責任を負うものとします。

 

第24条(補償) 

ユーザーは、本Webサービス及び本サービスの利用にあたり、以下の事由から生じ又は以下の事由に関連して生じる一切の請求、費用、補償、損失、負債及び支出(訴訟費用及び裁判費用を含みます)について当社を補償し、かつ当社に損害を与えないものとします。 

(1)ユーザーが、本利用規約等又は適用法令(本利用規約において言及されているか否かを問いません)に違反すること

(2)ユーザーが、第三者の権利を侵害すること

 

第25条(反社会的勢力の排除) 

ユーザーは、次の各号に定める事項を現在及び将来にわたって表明し、保証します。 

(1)自らが暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(以下「暴排法」という。)第 2 条第 2 号に規定する暴力団をいう。)、暴力団員(同条第 6 号に規定する暴力団員。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団その他暴力、威力、詐欺的手法を用いて暴力的不法行為等(同条第 1 号に規定する行為。)を常習的に行う、又は自らの目的を達成することを常習とする集団又は個人(以下併せて「反社会的勢力」という。)に該当しないこと。 

(2)自己の代表者、役員又は主要な職員(雇用形態及び契約形態を問わない。)が反社会的勢力に該当しないこと。 

(3)自己の主要な出資者その他経営を支配していると認められる者が反社会的勢力に該当しないこと。 

(4)直接、間接を問わず、反社会的勢力が自己の経営に関与していないこと。 

(5)自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有していないこと。 

(6)反社会的勢力に対して資金等の提供ないし便宜の供与等をしていないこと。 

(7)自己の代表者、役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと。 

2 ユーザーは、自ら又は第三者をして次の各号に定める行為を行ってはいけません。 

(1)相手方又は第三者に対する暴排法第 9 条各号に定める暴力的要求行為 

(2)相手方又は第三者に対する法的な責任を超えた不当な要求行為 

(3)相手方又は第三者に対する、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為 

(4)偽計又は威力を用いて相手方又は第三者の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為 

(5)反社会的勢力と法令上の義務に基づかずに取引をし、又は取引関係を継続する行為 

3 当社は、ユーザーが第 1 項又は第 2 項の規定に違反している事実が判明した場合、何らの催告なしに、当社ユーザー間で締結されたすべての契約の全部又は一部を解除し、かつ、相手方に対して反社会的勢力の排除のために必要な措置を講ずるよう請求することができます。 

4 前項の規定により、相手方から当社ユーザー間で締結された契約を解除された場合又は反社会的勢力の排除のために必要な措置を講ずるよう請求された場合、ユーザーは、当該相手方に対し、その名目を問わず、当該解除又は措置に関し生じた損害及び費用の一切の請求をしないものとします。 

5 当社は、第3項の規定により当社ユーザー間で締結された契約を解除したことにより損害を被った場合には、ユーザーに対してその損害の賠償を請求することができます。 

 

第26条(通知の送達) 

当社は、本サービスに関するユーザーへの通知を、本Webサービス若しくは当社ウェブページ上での公表、電子メール、テキストメッセージ、プッシュメッセージ又は郵便の方法により送付することができます。

当該通知は、発送日にユーザーに到達されたとみなされるものとします。 

2 ユーザーは、当社への通知を、当社が正式に公表した郵便物の送付先住所、ファクシミリ番号又は電子メールアドレス等、当社の指定する宛先に送付するものとします。当該通知は、当社による受領日に到達されたとみなされるものとします。  

 

第27条(条項の変更) 

当社は、法令の改正、本サービスの運営上の必要性等の事情を勘案し、本利用規約等を適宜変更することができます。変更後の本利用規約等は、本Webサービス内の適切な位置に掲載された時点で、その効力を生じるものとします。ユーザーは、変更後の本利用規約等を本Webサービス上で適宜確認するものとします。本利用規約等の変更後に本サービスを利用した場合、当該ユーザーは、変更後の本利用規約等に同意したものとみなされます。なお、当社が本Webサービス又は当社ウェブサイト等において告知し、又はユーザーに対して電子メール若しくはテキストメッセージ等による通知した内容は、その告知又は通知の方法如何にかかわらず、本利用規約の一部を構成するものとみなされます。 

 

第28条(存続条項) 

第4条、第5条、第10条、第18条、第19条、第21条、第23条、第24条、本条、第29条、第30条の規定その他規定の内容に照らして契約終了後も存続することが意図されている規定は、本契約終了後も有効に存続するものとします。 

 

第29条(準拠法及び裁判管轄) 

本契約の成立、履行及び解釈、並びに本契約上の紛争解決に関する準拠法は日本法とし、本契約に関する紛争について、大阪地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。 

 

第30条(分離可能性)

 本利用規約等のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等に無効又は執行不能と判断された場合であっても、本利用規約等の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

 

付則

初版制定 2021年10月13日

第2版制定 2022年2月1日