配車依頼規約

「配車依頼規約」(以下「本規約」といいます。)は、ユーザー(第1条第4号で定義します。)と株式会社東横観光センター(以下「当社」といいます。)との間で、株式会社オージス総研(以下「ベンダー」といいます。)が提供する本Webサービス(第1条第2号で定義します。)を通じて、乗車リーダーが行う配車仮予約(第1条第5号で定義します。)、当社が乗車リーダーと締結する手配旅行契約(以下「本契約」といいます。)及び本契約に基づく当社の配車手配に関する事項に適用されるものです。なお、本配車手配を利用する者は、本Webサービスを通じて、当社に配車依頼をした時点で、本規約に同意したものとみなされ、当社が本Webサービスを通じて、配車依頼を承諾した時点で本契約が成立します。

 

第1条(定義)

(1)「本配車手配」とは、ベンダーが提供する本Webサービスを通じて、乗車リーダーが当社に配車依頼を行った上で当社と乗車リーダーの間で締結する手配旅行契約に基づき、当社がタクシーの配車手配を行うことをいいます。

(2)「本Webサービス」とは、ベンダーがユーザーに対して提供する、「タクアス」という名称のWebサービスをいいます。

(3)「配車依頼」とは、ベンダーが提供する本Webサービスを通じて、乗車リーダーが当社に対し、特定の場所及び時間において、タクシーを手配することを依頼することをいいます。

(4)「ユーザー」とは、本Webサービスを利用して、当社の指定する方法に従って本規約の内容に同意して本契約を締結した者をいいます。なお、ユーザーは、日本在住の成年に限るものとします。

(5)「配車仮予約」とは、本Webサービスを通じて、乗車メンバーが、特定の予定時刻に、特定の予定地点へのタクシーの配車を仮に予約することをいいます。なお、配車仮予約の時点では、当社との間において、手配旅行契約は成立しないものとします。

(6)「アカウント情報」とは、本Webサービスを利用するために必要となるID及びパスワード(外部事業者から発行されたものを含みます。)をいいます。

(7)「個人情報」とは、個人情報保護法に定める「個人情報」をいい、ユーザーが入力した氏名、郵便番号、住所、生年月日、性別、職業、電話番号、アカウント情報、プロフィール情報(ニックネーム、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報を含みます。)及び利用履歴などを含みます。

(8)「プライバシーポリシー」とは、当社が定めるプライバシーポリシー(名称の如何を問わないものとします)をいいます。

(9)「関連規則」とは、標準旅行業約款、本契約に関するあらゆる通知、プライバシーポリシー及び本契約に関して当社が定めるその他の規則の総称をいいます。

(10)「本規約等」とは、本規約及び関連規則の総称をいいます。

(11)「タクシーシェア」とは、本Webサービスその他ベンダーが提供するサービスを通じて、乗車リーダーと乗車メンバーが、タクシー手配に関する旅行代金を、各自の負担割合に応じて負担し、乗車リーダー及び/又は乗車メンバーが、同乗者とともに又は同乗者なしで、特定の予定時刻に、特定の予定地点まで送迎するタクシーに同乗することをいいます。

(12)「タクシーシェア契約」とは、本Webサービスその他ベンダーが提供するサービスを通じて、乗車リーダーと乗車メンバーの間で、タクシーシェアの合意をする契約をいいます。 (13)「単独乗車」とは、タクシーシェアのうち、乗車リーダーのみ、乗車リーダーとその監護するこども、乗車メンバーのみ、又は乗車メンバーとその監護するこどもが、特定の予定時刻に、特定の予定地点まで送迎するタクシーに乗車することをいいます。

(13)「運送契約」とは、当社とタクシー会社の間で締結する、手配旅行契約に基づく乗車リーダーの依頼を内容とする旅客運用サービスに関する契約をいいます。

(14)「配車決定」とは、本Webサービスその他ベンダーが提供するサービスを通じて、迎車地点への到着予定時刻が乗車リーダー及び乗車メンバーに告知されることをいいます。

(15)「乗車リーダー」とは、ユーザーの内、乗車メンバーに対してタクシーシェアの依頼を行い、タクシーシェア契約成立後、本Webサービスを通じて当社に対し、タクシーシェア契約に基づいて、配車手配の依頼を行う者をいいます。

(16)「乗車メンバー」とは、ユーザーの内、乗車リーダーにタクシーシェアの依頼を受け、乗車リーダーとタクシーシェア契約を締結した者をいいます。

(17)「同乗者」とは、乗車リーダー以外で、手配旅行契約に基づき手配されたタクシーに同乗する者をいい、乗車メンバー、乗車リーダーが監護するこども及び乗車メンバーが監護するこどもを含みます。

(18)「タクシーシェアサービス利用料」とは、ユーザーがベンダーに対して支払うタクシーシェアサービスの利用料金のことをいいます。

(19)「収納代行業者」とは、当社が指定する事業者であって、当社が本規約で定める料金の代理受領権限を付与した事業者のことをいいます。

(20)「旅行代金」とは、乗車リーダーが、手配旅行契約に基づき、当社に対して支払う義務を負う旅行代金をいいます。

(21)「乗車メンバー負担旅行代金」とは、タクシーシェア契約に基づき、乗車メンバーが乗車リーダーに対して負担する旅行代金相当額の金額をいいます。

 

第2条(本規約の理解) 

本配車手配を利用する方は、本規約等をよくお読みいただき、ここに記載する条件を十分にご理解ください。本規約は、標準旅行業約款及び手配旅行取引条件説明書面を補足するものとし、本規約は、標準旅行業約款及び手配旅行取引条件説明書面の内容と比較してユーザーに不利益を与えない範囲で、同様の法的効力を有するものとします。本規約の定めと標準旅行業約款又は手配旅行取引条件説明書面の定めが矛盾抵触する場合には、標準旅行業約款及び手配旅行取引条件説明書面の定めが優先して適用されるものとします。ユーザーは、配車依頼を開始する前に、本規約等に同意していただく必要があります。ユーザーは、当社所定の情報を入力し、当社所定の手続を完了することにより、ご自身が本規約等を全てお読みになり、十分に理解し、かつその全ての内容に同意したものとみなされます。ユーザーは、本規約等の全部又は一部に同意しない場合、本配車手配の利用を直ちに中止するものとします。

2 ユーザーは、本規約等及び本Webサービス上に告知されるその他の文書をよくお読みいただき、十分にご理解ください。

 

第3条 (収納代行等)

当社は、収納代行業者として、ストライプジャパン株式会社(以下、「Stripe」といいます。)を指定します。

2 当社が指定する旅行代金に関する費用の支払いは、Stripeが提供する支払処理サービスに基づき行われるものとし、当該支払処理サービスは、Stripe Connectアカウント契約(Stripe利用規約を含み、総称して、以下、「Stripeサービス契約」といいます。)に従うものとします。本規約等への同意又は配車依頼により、ユーザーはStripeサービス契約(随時Stripeにより修正されることがあり、その場合には修正されたものを含みます。)に拘束されることに同意するものとします。Stripeを通じた支払処理サービスを当社が本Webサービスを通じて可能にするための条件として、ユーザーは、当社に対してユーザーに関する正確かつ完全な情報を提供することに同意し、当社が当該情報及びStripeが提供する支払処理サービスのユーザーによる使用に関連する取引情報を共有することを認めるものとします。

3 当社は、Stripeサービス契約を通じてベンダーに支払われるタクシーシェアサービス利用料について、ベンダーから代理受領する権限を付与されているものとします。

 

第4条 (クーポン)

ユーザーは、当社が定める方法及び条件により、クーポンを取得することができます。

2 ユーザーは、取得したクーポンの利用条件に応じ、クーポンを利用することができるものとします。

3 ユーザーは、クーポンを利用条件に定められた用途以外に用いることができず、クーポンを、現金、財物その他の経済的利益と交換することはできません。また、当社は、理由のいかんを問わず、一切クーポンの払い戻しをいたしません。ただし、法令上必要な場合はこの限りではありません。この場合、クーポンの払い戻し方法は、法令に従って当社が定め、当社のウェブサイト等に表示するところに従うものとします。

4 ユーザーは、クーポンを当社が定めた日数の期間中にのみ利用することができます。有効期限を過ぎた未使用のクーポンは消滅し、その後利用することはできません。

5 理由のいかんを問わず、ユーザーが本Webサービスに関するユーザーアカウントが利用できなくなった場合(本Webサービスに関するベンダーとの利用契約が解除された場合を含みます。)には、当該ユーザーが保有するクーポンは全て失効し、以後利用することはできないものとします。

6 ユーザーが本規約等又は本Webサービスに関する利用規約に違反したと当社が判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく、当社はクーポンの一部又は全部を取り消すことができます。この場合、当社はユーザーに対し、当社にクーポンの取り消しについて、故意又は過失がある場合を除き、一切の責任を負いません。

 

第5条(本配車手配等)

乗車リーダーは、タクシーシェア契約が、ベンダーが本Webサービス又はその他の手段で指定する期日までに成立した時点で、本Webサービスを通じて、タクシーシェア契約の内容に従ってタクシーを手配する旨の依頼を当社に対して行い、当社から本Webサービスその他外部サービスを通じて、乗車リーダーに対し、配車手配の完了の通知が行われた時点で、当社と乗車リーダー間で手配旅行契約が成立するものとします。なお、手配旅行契約の契約条件については、標準旅行業約款をはじめとする本規約等が適用されるものとします。

2 前項にかかわらず、乗車メンバーは、タクシーシェア契約が、当社が本Webサービス又はその他の手段で指定する期日までに乗車メンバーが合意した時点で成立した場合、本Webサービスを通じて、タクシーシェア契約の内容に従ってタクシーを手配する旨の依頼を、乗車リーダーを代理して当社に対して行うものとし、乗車リーダーは、乗車メンバーによるかかる乗車リーダーを代理しての手配旅行契約の申し込みの権限の授与に同意するものとします。なお、手配旅行契約の成立条件及び契約条件については、前項が準用されるものとします。

3 当社とタクシー会社の間で、乗車リーダーの依頼を内容とする旅客運用サービスに関する契約(以下「運送契約」といいます)が成立した時点で、乗車リーダー及び乗車メンバーに対し、本Webサービスその他外部サービスを通じて、配車決定が行わ れるものとします。

 

第5条の2(単独乗車の場合の特則)

乗車リーダーは、タクシーシェアの出発地を目的地とする場合、又はタクシーシェアの目的地を出発地とする場合にかぎり、単独乗車を目的として、前条に定める本配車手配等を行うことができます。

 

第6条(配車決定後の運送契約の変更) 

ユーザーは、本Webサービスを通じて配車決定が行われた後に、運送契約の内容の変更を希望する場合、以下の各号の条件を満たすことを条件に、当該運送契約を変更することができる権限を当社から授与されるものとします。但し、依頼変更に基づいて実際に配車手配がなされるかどうかは、当該依頼変更時点の状況によるものであり、これに基づく配車がなされなかったことによりユーザーが損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。また、運送契約の解約依頼を行った場合には、ユーザーは、本Webサービス上での告知に基づいてキャンセル料等を当社に支払うものとします。

(1)手配旅行契約に基づきタクシーが配車されるまでの変更:当社が指定する方法でタクシー会社とユーザー間で変更内容について合意をすること。

(2)手配旅行契約に基づきタクシーが配車された後の変更:当社が指定する方法で当該タクシーのドライバーとユーザー間で変更内容について合意すること。

2 前項に基づき、運送契約の変更を実施した場合には、ユーザーは速やかに、当社の指定する方法でベンダーに当該変更の内容について報告するものとします。

3 第1項に基づき、運送契約の内容の内、経由地、目的地その他移動経路に関する変更を実施した場合には、その変更内容に応じて、乗車リーダーは旅行代金を、乗車メンバーは乗車メンバー負担旅行代金について追加で負担することに、ユーザーは同意するものとします。

 

第7条(本配車手配に関する支払い等)

乗車リーダーは、手配旅行契約に基づき、当社の指定する支払期日及び方法で、旅行代金を当社に支払うものとします。

2 前項にかかわらず、乗車メンバーが、旅行代金の一部についての第三者弁済として、乗車メンバー負担旅行代金相当額を当社に支払った場合、当社及び乗車リーダーはかかる第三者弁済に同意するものとします。

3 前項の場合、乗車リーダーは、手配旅行契約に基づき、当社の指定する支払期日及び方法で、旅行代金として、旅行代金から乗車メンバー負担旅行代金相当額を際引いた金額を当社に支払うものとします。

4 乗車リーダー及び乗車メンバーは、旅行代金又は乗車メンバー負担旅行代金の支払いとともに、当社の指定する方法で、ベンダーに対して支払うタクシーシェアサービス利用料相当額を当社に受領させることができるものとします。この場合、当社は、乗車リーダー及び乗車メンバーに対して、タクシーシェアサービス利用料相当額を、ベンダーに引き渡す義務を負うものとします。

5 当社は、運送契約に基づき、乗車リーダー、乗車メンバー又は同乗者を送迎したタクシー事業者に対し、当該送迎に対応する運賃を支払うものとします。

6 乗車リーダーは、第1項又は第3項所定の旅行代金の支払いを滞らせた場合には、支払期日の翌日より完済日までの期間に対して年14.6%の割合の延滞金を加算して支払うものとします。

 

第8条(再委託)

当社は、本配車手配に関して必要な業務の全部又は一部を、第三者に再委託することができるものとします。この場合、当社は当該第三者(以下「再委託先」という。)に対し、当社がユーザーに対して負うべき本規約所定の義務と同等の義務を負わせるものとします。なお、当社が再委託を行った場合でも、当社は本規約に基づく履行義務を免れることはできないものとする。

 

第9条(移動情報の提供) 

ユーザーは、乗車リーダー又は乗車メンバーとして本Webサービスを利用するにあたって、真実かつ正確な移動情報(ユーザーが保有する携帯電話のGPS情報)を、本配車手配に基づくタクシーの乗車の際に、提供することに努めるものとします。なお、携帯電話等の設定でユーザーが位置情報の送信を許可していない場合は、位置情報は送信されませんが、この場合、本Webサービスの一部又は全部が利用できない場合があります。

 

第10条(個人情報等) 

当社が本配車手配に関して取得したユーザーの個人情報については、プライバシーポリシーに従って取扱うものとし、ユーザーは、本配車手配の利用に当たってプライバシーポリシーに同意するものとします。

2 ユーザーは、本配車手配に関して得た他のユーザーに関する個人情報(他のユーザーが監護するこどもに関する個人情報を含みます)について、当該ユーザーが同意している場合を除き、本配車手配の利用に必要な範囲を超えて、当該個人情報を利用しないものとします。

3 ユーザーは、他のユーザー又は第三者に関する個人情報について、本配車手配を目的として当社に提供する場合、本配車手配のために必要な範囲で当社が当該個人情報にアクセス又は利用するために法令上必要な同意を取得することを保証するものとします。

 

第11条(免責) 

当社は、本配車手配について、ユーザーに対し、標準旅行業約款及び手配旅行取引条件説明書面その他法令の定めに従い、責任を負うものとします。

2 当社は、ユーザーが本Webサービスを利用する際の通信の中断、当社がユーザーから本Webサービスを通じて受領したユーザーの位置情報の内容に不備(位置情報が表示されないこと、位置情報に誤差があることを含みます。)があったことその他の事情により、ユーザーがタクシー配車サービスを利用できないことによるユーザーの損害について、一切責任を負わないものとします。 

3 本Webサービスに関連してユーザーと他のユーザー、タクシー会社その他の第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、ユーザーの責任において処理及び解決するものとし、当社はかかる事項について、一切責任を負わないものとします。 

 

第12条(補償) 

ユーザーは、本配車手配に関して、以下の事由から生じ又は以下の事由に関連して生じる一切の請求、費用、補償、損失、負債及び支出(訴訟費用及び裁判費用を含みます)について当社を補償し、かつ当社に損害を与えないものとします。 

(1)ユーザーが、本規約等又は適用法令(本規約において言及されているか否かを問いません)に違反すること

(2)ユーザーが、第三者の権利を侵害すること

 

第13条(反社会的勢力の排除) 

ユーザーは、次の各号に定める事項を現在及び将来にわたって表明し、保証します。 

(1)自らが暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(以下「暴排法」という。)第 2 条第 2 号に規定する暴力団をいう。)、暴力団員(同条第 6 号に規定する暴力団員。)、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団その他暴力、威力、詐欺的手法を用いて暴力的不法行為等(同条第 1 号に規定する行為。)を常習的に行う、又は自らの目的を達成することを常習とする集団又は個人(以下併せて「反社会的勢力」という。)に該当しないこと。 

(2)自己の代表者、役員(名称の如何にかかわらず経営に実質的に関与している者を含む)又は主要な職員(雇用形態及び契約形態を問わない。)が反社会的勢力に該当しないこと。 

(3)自己の主要な出資者その他経営を支配していると認められる者が反社会的勢力に該当しないこと。 

(4)直接、間接を問わず、反社会的勢力が自己の経営に関与していないこと。 

(5)自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有していないこと。 

(6)反社会的勢力に対して資金等の提供ないし便宜の供与等をしていないこと。 

(7)自己の代表者、役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと。 

2 ユーザーは、自ら又は第三者をして次の各号に定める行為を行ってはいけません。 

(1)相手方又は第三者に対する暴排法第 9 条各号に定める暴力的要求行為 

(2)相手方又は第三者に対する法的な責任を超えた不当な要求行為 

(3)相手方又は第三者に対する、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為 

(4)偽計又は威力を用いて相手方又は第三者の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為 

(5)反社会的勢力と法令上の義務に基づかずに取引をし、又は取引関係を継続する行為 

3 当社は、ユーザーが第 1 項又は第 2 項の規定に違反している事実が判明した場合、何らの催告なしに、当社ユーザー間で締結されたすべての契約の全部又は一部を解除し、かつ、相手方に対して反社会的勢力の排除のために必要な措置を講ずるよう請求することができます。 

4 前項の規定により、相手方から当社ユーザー間で締結された契約を解除された場合又は反社会的勢力の排除のために必要な措置を講ずるよう請求された場合、ユーザーは、当該相手方に対し、その名目を問わず、当該解除又は措置に関し生じた損害及び費用の一切の請求をしないものとします。 

5 当社は、第3項の規定により当社ユーザー間で締結された契約を解除したことにより損害を被った場合には、ユーザーに対してその損害の賠償を請求することができます。 

 

 

第14条(通知の送達) 

当社は、本配車手配に関するユーザーへの通知を、本Webサービス若しくは当社ウェブページ上での公表、電子メール、テキストメッセージ、プッシュメッセージ又は郵便の方法により送付することができます。

当該通知は、発送日にユーザーに到達されたとみなされるものとします。 

2 ユーザーは、当社への通知を、当社が正式に公表した郵便物の送付先住所、ファクシミリ番号又は電子メールアドレス等、当社の指定する宛先に送付するものとします。当該通知は、当社による受領日に到達されたとみなされるものとします。 

 

第15条(条項の変更) 

当社は、法令の改正、本配車手配に関する業務上の必要性等の事情を勘案し、本規約等を適宜変更することができます。変更後の本規約等は、本Webサービス内の適切な位置に掲載された時点で、その効力を生じるものとします。ユーザーは、変更後の本規約等を本Webサービス上で適宜確認するものとします。本規約等の変更後に配車依頼を実施した場合、当該ユーザーは、変更後の本規約等に同意したものとみなされます。なお、当社が本Webサービス又は当社ウェブサイト等において告知し、又はユーザーに対して電子メール若しくはテキストメッセージ等による通知した内容は、その告知又は通知の方法如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとみなされます。 

 

第16条(存続条項) 

第3条、第4条、第7条から第13条まで、第15条、本条、第17条、第18条の規定その他規定の内容に照らして契約終了後も存続することが意図されている規定は、本契約終了後も有効に存続するものとします。 

 

第17条(準拠法及び裁判管轄) 

本契約の成立、履行及び解釈、並びに本契約上の紛争解決に関する準拠法は日本法とし、本契約に関する一切の紛争について大阪地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。 

 

第18条(分離可能性)

 本規約等のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等に無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約等の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。